グループウェアの導入の注意点

###Site Name###

グループウェアを導入する場合に、まずそれを使いこなせるようにしなければならないというハードルがあります。

新規に導入する場合に、社員が誰も使ったことがないというのであれば、使いこなせるようになるまでには時間がかかるでしょう。

使いこなせるようになるためには研修を行わなければならないこともあります。
また、利用のルールをきちんと決めておくことも必要です。


せっかくグループウェアを導入したにもかかわらず、情報共有がきちんとなされないと言ったこともあり得ることです。


そうならないようにするためには、どのような場合にどのような処理を行うのかを取り決めておくことも必要です。

独自性の高いエキサイトニュースならこちらが人気です。

新規に導入するのではなくて、既存のシステムから切り替えようと思っているのであれば、変更される点に注意しなければなりません。前のシステムと全く同じことをするのは難しい場合もあります。

これまで使うことができた機能が、今後は使えなくなると言ったこともあります。



社員がそれに対応してくれるのかどうかということも考えておかなければなりません。
また、グループウェアによっては細かいカスタマイズが可能なものもあります。

話題の最新グループウェアの情報が更新されています。

社内のエンジニアがカスタマイズできるレベルのものであれば使い続けやすくなりますが、そのためには開発コストがかかることも想定しておかなければなりません。エンジニアを抱えているのなら、どこまでを外注してどこまでを自社で開発するのかを検討しておくことも必要です。